徒然帳

徒然なるままに、雑感とかをひたすら書くサイト。

雑感:自分が病む事について分析?してみる

三年前、首の延髄部にできていた良性のデキモノの切除な大手術とその後に分かった遺伝病で、

私は以前にも増して、心や体について敏感になってしまいました。(→元々、精神関係じゃないかと思ってたら、首の方のが原因だったという件)

 

あれから三年、えっちらおっちらと沢山の出来事を経て、社会復帰はしたのものの、緊張型頭痛に悩まされたり、その果てにはアイスピック頭痛っていうかなり稀な頭痛にも悩まされたり。。

そして、「合わない」と体調崩すという拒絶反応をかましてしまうという体になってしまいました。

 

ちょいと最近、えらぁ病んでます。

主人から言わせると「うつな状態だ…」という始末。

実際、本格的に仕事をIT関係にシフトしてからは、現場として大企業から小企業まで派遣で渡り歩いてきましたが、もう心と身体が限界になってきた状態、見直す事が急務となってきた模様。

回りくどくなってしまいましたが、新しい環境に適応できず雰囲気で合わないと自身の身体が拒否反応を示したということです。 

 

もう、そこからえらいパニックです。

自分に何が向いているのかとか、なんでこうなったの?とか自問自答の日々。

軽く、精神状態の診断をweb上でやってみたらかなりやばいという得点に…。

また振り出しになるということもあり、これからどうするか?という不安もあります。

いやぁーー、、何か病んでますね。はい。

 

正直ってかなり痛いなと思うけども、偽っていると後から大変な事になるのも、病気を通じて痛い程分かったので、何とも今回は厄介。

だけど、次へのステップとして、どういう風に仕事社会では立ち振る舞うか?、

仕事と趣味の配分とか人生プランとか、、

今まで場当たりな所もあったから慎重に、

且つ確実に立て直す事が課題として挙げられるなと感じる。

紙とペンでまた整理書きだ。

こういう時こそ、アナログだけど、書くことが大切。

 

絶望から段々這い上がってきてはいる様なので、こうなったら外出れるぐらいに回復をもうそろそろするわよー!

土曜日は定期検査で病院だし、帰りは余裕あれば増上寺で癒されてくるかな?

日曜は友達と中華街でお茶だ。

ちゃんとケリつけて、つぎに向けて諸々の整理だな。

そんな夜更けの携帯での物書きでした。