徒然帳

徒然なるままに、雑感とかをひたすら書くサイト。

連載:32歳、厄年だった頃 その1

2013年の1月、契約社員雇用ではあるが、とあるゲーム関係の会社へ転職しました。

仕事は外注開拓や管理、その傍らで新規ゲームのタイトルのキャラデザインの外注先を選定したりと、終電間近で会社を出ることが多くなりかけた頃に体の異変をさらに感じることになった。

 

2013年3月始め、ついに心身共にやられてしまい、心療内科へ行き、薬をもらってみたものの、、、

 

だるさが取れない!!そして、腕の力が抜けていく!!!

 

この症状をフェイスブックで書いた時、webデザインの専門関係で知り合った方から「一度脳神経外科へ行った方がいいよ」とアドバイスをもらい、軽い気持ち?で脳神経外科をやっている開業医の元へと行きました。

 

そこから、とんでもない展開へと発展します。

 

この時、病院へ行っていなければ、現在の私にはなっておりません。

それは次回に。