徒然帳

徒然なるままに、雑感とかをひたすら書くサイト。

連載:32歳、厄年だった頃 その6

前回まではこちら・・・(間隔を超特大にあけてすみません(-_-;))

returens-natto.hatenablog.com

入院日は2013年の8月23日だったかな?確か。
その時のInstagramはこんな感じ。

本日から#入院 しました。#手術 による入院で、来週月曜です。人生初の入院、そして手術。不安だけど乗り超えるようにします。#vsco #vscocam
この写真、今思うと不安を予兆するような色ですよね。写真って自分の気持ちとかかなり反映しますよね。冷静に思うと。
入院するまでの2ヶ月は主人と私の共通の知人の結婚式に参列したり、海見に行ったりとか。結構充実してました。
入院準備の為、故郷の埼玉にも帰ってたりとか。
あ、、高額医療費制度の関係もちゃんと区役所で取得してました。(入院手続きした際にこの説明も頂いてたので、速攻でやりました。)

手術2日前ですが、簡易的にペースメーカーを埋めることになり、局所麻酔で心臓にペースメーカーが入りました。
これには理由がありまして、私の脊髄腫瘍は首の延髄に約2センチ位の大きさであったんです。
それは呼吸を司るところでして、術中にそれらを傷つけると心臓停止するという・・・それを予防するための措置でした。


なので、アレですよ。カテーテル入れるのもそこでやってたという。_| ̄|○
首にペースメーカーの器械が下げられ、車椅子で病室に帰還。車椅子も初めてだった。
後に、主治医の先生と両親と後の主人の私とで手術説明がありました。その前には麻酔医からのガイダンスあった。ICUも案内されたな〜・・・。

手術内容

  • 今回は延髄部にできた良性腫と硬膜内にできた良性腫瘍の切除手術である。

  • 術後の後遺症としてしびれ感は残る可能性は大きい。(延髄部は特にそう)

  • 硬膜は一度切除すると再生できないため、医療用のゴアテックスを使用。それを縫い付ける。

  • 全身麻酔で合計6時間程

    という内容。まあ、もうね・・・今までのツケ?というのか、自分自身が生きる上ではこれは致し方ない。
    ほっておいたら、人工呼吸器行きと初診でいわれてたし。
    手術前日の夜22時から絶飲食。そして・・・ストレスで止まってた月1のアレがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と言うネタが。

    確信した。この入院、手術後もネタが絶対出てくる。と。
    眠れずでしたが、不安もいっぱい。SNSでも不安吐露して、励ましてもらったりしました。
    で、この曲はすごい勇気もらったな。


Jazztronik - Shuhari
Jazztronikの「守破離」です。


2013年8月26日 午前8時。手術室へ移動。移動時に看護師さんからこう言われた。
「まつげですけど、エクステしてないですよね??」と・・・。
実は、私、まつげが長いと言ういう特徴がありまして、この時まつげパーマが残ってたんですw それがエクステに見えてたと言う。
それに和んだ私は、手術台へ、程なくしてマスクを着けられ、目を閉じた。

目を開けたら、手術が終り速やかに、ICUへ。
ICUへ移動ってすごい早いんですよ。意識があまりはっきりしてなかった私だったからなのかな・・・。
さて、ここからICUでの話になりますが、それは次に。
ここでも、私は今では考えられないネタをやっちまったと言うコトがあったので、それもお話できれば。
入院時の話は次とその次辺りで終わらせたいなと思ってます。

では、今回はここまで!